2016-09-11

WMware Workstatin Player上のPuppy Linuxで音が出ない

先日から、Hyper-VやVMwareで仮想マシンをインストールしてみているのだが、軽い物を入れてみたいと思って、Puppy Linuxをインストールしてみた。ところが音がでなかったので、設定したことのメモ。

関連記事
  1. Puppy LinuxにFlash Playerインストール 
参考情報
  1. Puppy Linuxのインストール方法
  2. PuppyLinuxで音を出す方法 
  3. Puppy Linuxで音が出ない。 
  4. VMware Ubuntu 音が出ない ”A device ID has been used that is out of range for your system.” 
実はLinuxは直前にインストールしてみたubuntuが初めて。20年ほど前にFreeBSDをいじっていたことはあるが、すっかり忘れてしまった。
といいながら、Puppy Linuxのインストール自体は、参考情報1に従ってすぐにできた。タイトルにVMwareはないけど、VMware上のインストールの仕方について、詳細に記載されています。ありがとうございます。
ところが、音がでなかった。参考情報2,3,4を試してみたがだめだった。
いろいろといじった後に、たまたま(Masterの)ボリュームをMAXにしたら、音がでるようになった。その前に他のボリュームはMAXにしていたが、Masterは88%になっていたから、まさかそこは疑わなかった。以下、具体的な設定方法(といほどでもないけど)。

ボリューム設定には、いろんなところからアクセスできる。
  • 通知領域(Windows用語)のスピーカーを右クリックしてミキサー画面を開く
  • (スタート)メニュー→セットアップ→ALSA サウンドウィザード→トラブルシュート1:量を調整
  • (スタート)メニュー→セットアップ→Puppyセットアップ→ALSAサウンドの初期設定→トラブルシュート1:音量を調整
これで、MasterとPCMをMAXにしたら音が出るようになった。
(ほんとにこれだけか確認のために、再インストールして確かめた。)

まさにトラブルシュート1(最初にやること)なんだけど、MAXにしないと出ないって…。すごい苦労したのに…。

ちなみにubuntuは、何もしなくても音がでました。

0 件のコメント:

コメントを投稿