2014-08-14

au WALLET

関連記事
  1. docomoらくらくホンをau DIGNOにMNP
  2. au HTC J One(HTL22)とisai(LGL22)へMNP 
  3. isai(LGL22)へMNP再び 
  4. au GRATINAへMNP 
参考情報
  1. au WALLET (ウォレット)」サービス開始を記念! 持っておトク、使っておトクな7つの特典 
  2. au WALLET キャンペーン・特典一覧
関連記事1~4の結果、現在au回線5本持ちになっている。参考情報1のように、6月中にau WALLETを申し込むといろいろなキャンペーンがあったので、5枚申し込みをした(1枚はMNP時の条件だった)。

お得な内容
  1. 1,000円プレゼントキャンペーン
    申し込むだけで、各カードごとに1,000円分チャージ。
    1,000円 x 5枚 = 5,000円
  2. デビューキャンペーン
    抽選で40,000円分あたるらしいが、当たらなかった。
  3. au WALLETチャージキャンペーン
    初回チャージのみ、10%増額。1回のチャージの最大額は25,000円。
    25,000円 x 10% x 5枚 = 12,500円
  4. じぶん銀行 プレミアムチャージキャンペーン 1
    じぶん銀行からのチャージで5%増額。2014/12/31まで。3と一緒の初回チャージ分で、
    25,000円 x 5% x 5枚 = 6,250円
    なお、これがきっかけでじぶん銀行の口座を開いた。他にも利用上のメリットもあったので。
  5. じぶん銀行 プレミアムチャージキャンペーン 2
    4と同じ。仮に、各70,000円チャージするとすると、
    70,000円 x 5% x 5枚 = 17,500円
    (4までで、1,000 + 25,000 + 2,500 + 1,250 = 29,750円チャージしているので、マックスチャージまでの残りは70,250円。70,000チャージするとポイント5%分が入らないが、12月までにはある程度使用しているとする。)
    ただし使い切れないと困るので、そこまではチャージしないだろう(以下参照)
  6. その他(参考情報1,2参照)
1~4合計:23,750円。ここまでは確実にもらえる(もらう)。さらに頑張れば17,500円±α。50万程度の資金で4万円の利得とは、なんともお得な話だ。

4までは確実に実施するとして、5のチャージをどこまでするかが問題だ。最もお得なのは、12月末までできるだけ使用して、その時点で5枚ともチャージマックスの10万円までチャージすることだが、いくつか気になったことがあったので、確認した。

気になったこと
  1. au解約後、チャージした金額はどうなるか
    プリペイドカードとして使える。
    どの回線も2年以内には解約することになると思うので、使い切れないと問題になるが、その心配はないようだ。
    au携帯サービスを解約するとau WALLETカードは使えなくなるのですか?
  2. 5年の期限後、チャージした金額はどうなるか
    (恐らく)au回線を維持していれば新規カードに引き継げるが、そうでなければ失効する。
    5年後にau回線を維持している可能性は低いので、5年以内に使いきれる金額までのチャージにする必要がある。
    au WALLETの有効期限超過時にはauが残高引継ぎをしてくれる(auユーザー)
  3. au解約後、残高の確認はどうするか
    カードケース(WebMoneyのアプリ)で確認できる。
    5枚とも登録し、確認できた。どれがどのカードかわからなくなりそうだが、管理番号というのが、カード裏面の右端中央に記載されている番号と一致している。
    変更後のau IDでも確認できる(9/4追記。下記12参照)
  4. au解約後、チャージできるか
    未確認→不可(9/4追記。下記13参照)
    (じぶん銀行からの)チャージは、au IDでログイン後に行ったので、auを解約すると同じ方法ではチャージできなさそう。とりあえず重要ではないので未確認。
    と思ったのだけど、実は、au IDは、auを解約しても継続できるらしい。でもチャージについては未確認。3も au IDがなくなる前提の疑問だったので、もしかしたらそのまま残高確認できるのかも。
    au契約を解約すると、IDがau電話番号のau IDを利用し続けることはできないの?
    au WALLETアプリを事前に登録しておけばできるかもと思ったけど、このアプリはスマホでログインしているau IDのau WALLETが対象になるみたいなので、事情は変わらないと思われる。
    また、au IDの統合では(au解約していなくても)無理みたい。
    【au WALLET】複数のau WALLET カードを1枚にまとめたい(au ID統合)
  5. どうやって使いきるのか
    amazonギフトを購入し、amazonで使う(他の方法もあるかもしれないけど)。
    amazonギフトは、1円単位で購入できるので、中途半端な残高になったら全額でamazonギフトを(じぶん宛てに)購入すればau WALLETの残高は0にできる。amazonでの購入時は、ギフトの使用+不足分をカード決済すればよい(下記の7~9参照)。
    2015/8/23追記
    ポイントがたまっているサイトの買い物で、使用するポイント額を利用額と残高の差分に設定して使い切る。今回は、ヨドバシ.comで実施してうまく使い切れた。
ここまでの確認で、問題は5年後までに使い切れる金額がいくらになるかに絞られた。 公共料金の支払いに使えれば50万円まで使い切れると思うが、使えないと記載されている。ということで、調べた事や、自分で実際に確認した内容を記載する(随時追加予定)

使用できるところ(できないところ)
  1. Suica定期購入
    普通にクレジットとしてチャージできるらしい。→(9/9追記)できた。ただし、事前に暗証番号を設定する必要がある。私は忘れていたので、1日分の運賃を損した。
    30,000円/6ヶ月 x 9回(5年) = 270,000円。もっとも有望な使い先。
  2. Suicaチャージ
    定期購入と同時ならできるらしい(Suicaにau WALLETチャージする方法があるようだ)。→(9/9追記)できた。でも定期にはチャージしないことにしているので(期限切れに気づかず使い続けて悲しい思いをしないように)、この手は使えない。→(9/9追記)6ヶ月の間に使い切れる額ならいいので、確認のために5,000円チャージしてみた。
    1,000円払うと、モバイルSuicaにチャージできるらしい(au WALLETカードからモバイルスイカにチャージできますか?)けど、1,000円払ったらあんまり意味がない。
  3. au料金のクレジットカード払い(自動引き落とし)
    不可。
    登録しようとしたが、このカードは使えないというようなことを言われてできなかった。
  4. au料金の支払い(都度)
    可。
    たまたま、関連記事4の回線の初回支払がクレジット引き落としに間に合わず、請求書がきていたのだが、払い忘れていた。督促状のようなもの(2度目の請求書)が来ていて、その支払方法に下記の方法が記載されていたので試してみたら支払えた。
    auお客様サポート→…→料金・ポイントの確認→関連するお手続き→料金を支払う→クレジットでau WALLETの番号を入力。
    3,000円/月 x 18回 = 54,000円ぐらいか。ちょっと面倒だけど。
    なお、コンビニでの支払いだと、恐らく利用できないのではないかと思う。
  5. 楽天の支払カード登録
    可。
    普通に登録できた。
  6. 楽天での購入
    可。
    5で登録して普通に使用できた。具体的には、炭酸水と電子書籍(Kobo)で使用。
  7. amazonの支払カード登録
    可。
    普通に登録できた。
  8. amazonギフト購入
    可。
    7で登録して普通に使用できた。1,042円購入。
  9. amazonでの購入
    可。
    2,042円の物の購入に、8で購入したamazonギフトと差額分の1,000円をカード払いでau WALLETを使用して購入。
  10. 実店舗
    可。
    ホームセンターおよびスーパーマーケットで普通に使用できた。
  11. 代引きのカード払い
    可。
    普通に使用できた。
  12. au転出後のau WALLETサイトでの残高確認(9/4追記)
    可。ただし、利用明細は確認できず。
    auをMNPで転出すると、元々電話番号であったau IDは電話番号_転出年月日に自動的に変わる。そのIDでログインすると残高確認できた。残高の下に明細を見るのリンクはあるが、明細は表示されなかった。
  13. au転出後のチャージ(9/4追記)
    不可。
    12同様にログインしても、チャージのメニューが存在しなかった。
  14. au転出後のウェルカムガチャ(9/4追記)
    不可。
    「エラー。お近くのスタッフにご確認ください。確認」だいたいこんな感じのメッセージが出た。
    キャンペーンのページを見れば不可である事は記載されていた。
  15. au転出後の支払(9/6追記)
    可。
    事前に調べた通りだが、チャージ済みの金額は、amazon,楽天で利用できた。
  16. au転出後の暗証番号設定(9/13追記)
    不可。
    12同様にログインしても、暗証番号設定のメニューが存在しなかった。

公共料金以外は、概ね使えそうだ。auの支払もできそう。30万から40万のチャージなら5年以内に使いきれそうな感じがする。
そうはいいつつ、5年かかって使い切るのだと、1%の定期預金と同等(複利除いて)。現状1%もつく定期預金はないけど、あんまり長くかかって使い切るのはお得かどうか微妙だ。12月までできるだけ使うとして、12月末でのチャージ額はその時考える事にする。

8/17追記(上記3,4およびコメントに関する補足)
KDDIから下記の書類が届いた。
要点は以下。
  • クレジットカード(プリペイド式)で支払は完了
  • プリペイド式のクレジットカードでは今後の支払方法として設定はできない
  • 設定可能なクレジットカードでの手続きをしてください
支払をしたときに今後の支払いにも利用というような項目をチェックしたため、できてないということを通知してきたと思われるが、支払自体はできているようだ。このまま登録しなければ来月以降もau WALLETで支払えそうな気がする。

4 件のコメント:

  1. 4.au料金の支払い(都度) について

    <本サイトではお支払いいただけない料金>
    ・口座振替やクレジットカードでご請求中の料金

    で不可でしたが、可能でしょうか?

    返信削除
    返信
    1. 私の場合は、支払できました(8/12に)。
      auお客様サポート(PC)では、
      ・支払前
        未払い料金の確認:7月8月支払分の合計額
        料金のお支払:7月8月分が選択可能な状態
      ・支払(7月8月分の2回)後
        未払い料金の確認:未払いなし(翌日反映)
        料金のお支払:支払できる料金なし(即時反映)
        WebMoneyカードケース:利用明細に7月8月2回分の履歴あり
      となっていましたので、au WALLETで支払いできたということかと。
      私の場合本文記載のような事情で、「口座振替やクレジットカードでご請求中の料金」ではなかったからではないかと推測します。

      削除
  2. その後、、、

    4.au料金の支払い(都度)

    可能でしょうか?

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      その後はダメでした(記憶が曖昧)。少なくともその後au Walletでは支払っていません。やはり特殊な事情があったから1回だけ支払えたのかと思います。

      削除