2014-03-18

Windows 8(8.1) に.NET Framework 3.5をインストール

何かソフトを入れようとすると、.NET Framework 3.5(2.0、3.0)をインストールするように要求されることがある。今週2台のPCでそれぞれそういうことがあったのだが、苦労したのでメモを記す。

参考情報
  1. dotnet3.5と0x800F0906で悩む~windows 8 CP を使ってみる
  2. .NET Framework 3.5 インストール エラー: 0x800F0906、0x800F081F、0x800F0907
  3. 【Management】Windows 8 に .NET Framework 3.5 をインストールする、もう1つの方法 Fondue 
Windows 8(8.1) ではデフォルトで.NET Framework3.5(2.0、3.0)がインストールされていない(有効化されていない)ため、上記のような事が発生する。
コントロールパネル→プログラム→プログラムと機能→プログラムのアンインストールまたは変更→Windows の機能の有効化または無効化
を確認すると、下記のように有効化されていない(無効化されている)。


これをチェックすればよいだけかと思いきや
チェック→OK→Windows Updateからファイルをダウンロードする→エラー「必要な変更を完了できませんでした。インターネットに接続して、必要なファイルをダウンロードできませんでした。インターネットに接続していることを確認してから、[再試行]をクリックして再試行してください。エラーコード:0x800F0906」(参考情報1に画像あり)
となってインストールできない。適当に検索して単体のインストールファイルをダウンロード後にインストールしようとしても同じだった。

参考情報1,参考情報2(マイクロソフトサポート)に解決方法が記載されていたので、実行した。
  1. WindowsのインストールDVDをセット
  2. 管理者権限で、コマンドプロンプトを起動
  3. Dism /online /enable-feature /featurename:NetFx3 /All /Source:<ドライブ>:\sources\sxs /LimitAccess。<ドライブ>のところは、DVDがマウントされたドライブレター。例えば「F」

Windowsの機能の有効化または無効化を確認すると、有効になっていた。

なんとかなったけど、よくわからない仕様だ。

2 件のコメント:

  1. Windows8.1のWindowsUpdateで。Net3.5の修正情報が更新できずに、困っていました。 とても、助かりました、ありがとうございます。

    返信削除
    返信
    1. お役に立てたのであれば幸いでした。

      削除